不妊症の原因と対策

不妊症の原因と対策についてご紹介しています。

メニュー| 不妊クリニック | 不妊とは | 不妊ブログ | 不妊検査 | 不妊原因 | 不妊治療 | 不妊治療の問題点 | 女性不妊 | 男性不妊 | 二人目不妊 |

不妊治療

不妊治療

不妊治療では排卵誘発剤がよく使われますが、多胎妊娠や卵巣過剰刺激症候群になってしまう可能性ものです。初歩的な不妊治療としては、タイミング療法があります。排卵のタイミングを知り、妊娠しやすいタイミングで性交を行うというものです。正確に排卵の有無を時には、排卵検査薬を使うといいかもしれません。排卵してから性交してもタイミング的には遅いので(卵子の寿命は8時間程度しかない)、排卵を予測して性交するのがよいとされています。二日から三日といわれていますから、排卵期に入ったら一日か二日おきくらいに性交しておきたいものです(毎日だと精液中の精子量や運動率が減少してしまう可能性が高くなります)。子供がほしいと思っていても、決められた日や人に性交するのを好まない男性が多いですから、注意と工夫が必要でしょう。